東北女子が関西にお嫁に来ました

アラフォー東北女子が関西へ。「東北と関西」の文化の違いや魅力を綴るブログ

桜さんぽ 奈良県その3(吉野山の桜と吉水神社・東南院・金峰山寺)

4月4日、阪急交通社トラピックスの奈良県桜めぐりの

バスツアーに主人のお母さまと一緒に行ってきました。

4月5日のブログに書いた吉野山観光の続きになります。

 

 

バスの観光駐車場から坂道を40分くらい歩いて

吉水神社(よしみずじんじゃ)に着きました。

吉野山は山全体が世界遺産

この山に建つ吉水神社も世界遺産の建造物です。

 

f:id:tohoku--kansai:20190417121925j:plain

 

 

 

 

f:id:tohoku--kansai:20190417122926j:plain

 吉水神社にはさらに坂道を上ります。

 

 

f:id:tohoku--kansai:20190417124148j:plain

吉水神社

f:id:tohoku--kansai:20190417124214j:plain

 

 

吉水神社の山門をくぐると

吉野山を代表する桜の名所 一目千本(ひとめせんぼん)があります。

 

f:id:tohoku--kansai:20190417124248j:plain

一目千本の立て札もありました。

豊臣秀吉が吉野の大花見をした時に

吉水神社は花見の本陣となりました。

秀吉はこの一目千本の美しさを見にして

「絶景じゃ。絶景じゃ。」と

子供のように喜んだと伝えられています。

 

f:id:tohoku--kansai:20190417124307j:plain

4月4日の時点ではまだ開花はしていませんでした。

 

吉野山の桜はその密集ぶりも圧倒的ですが

染井吉野ではなく山桜が咲き誇ります。

山桜は花や葉の色も種類で違い

そのグラデーションにも見応えがあります。

歴史的にも豊臣秀吉が吉野の花見の前年に視察へ出かけ、

山桜中心の桜の山に彩りを加えるために、

数千本の枝垂桜を植樹もしているそうです。

それが、今の美しさにもつながっているのだと思います。

 

 

吉水神社の境内に入ると

入口に吉水院庭園がありました。

f:id:tohoku--kansai:20190417133203j:plain

吉水院庭園

 

 

f:id:tohoku--kansai:20190417133220j:plain

その花見に際して秀吉自ら基本設計を行った

桃山様式の日本庭園です。

 

 

f:id:tohoku--kansai:20190417133141j:plain

そこから奥を眺めると

吉水神社本社と吉水神社書院があります。

 

f:id:tohoku--kansai:20190417214612j:plain

吉水神社書院を拝観しました。

 

f:id:tohoku--kansai:20190417214730j:plain

吉水神社書院

吉水神社書院は日本最古の書院として

世界遺産に登録されています。

 

f:id:tohoku--kansai:20190417214941j:plain

書院の中の義経静御前潜居の間です。

向って右の手前の小さい場所は弁慶試案の間です。

 

f:id:tohoku--kansai:20190417215714j:plain

弁慶試案の間

 

義経と弁慶静御前の悲劇的な運命を思うと

胸が痛くなります。

この書院の展示内容は歴史深いものばかりで

例えば

義経の鎧、弁慶の七つ道具、豊臣秀吉愛用の金屏風、

蝉丸の琵琶、一休和尚の墨書 など

見応えがある内容です。

 

お庭にでると秀吉の花見の本陣の立て札がありました。

f:id:tohoku--kansai:20190418102816j:plain

秀吉 花見の本陣

f:id:tohoku--kansai:20190418104033j:plain

花見の本陣には枝垂れ桜が凛として

花を咲かせていました。

 

秀吉が吉野の花見を開いた時、

吉水神社に秀吉やねねが5日宿泊しました。

境内の庭では茶会や歌会、能の会を行い

徳川家康前田利家伊達政宗らの武将も招かれ

総勢5000人の盛大なものだったそうです。

 

この花見を行おうとした年は

吉野では雨がよく降ったそうです。

秀吉が入山してからも三日間も雨が降り続き

そのせいで苛立った秀吉が

吉野山に火をつけて下山すると言い出します。

吉野の全山の僧侶たちが祈願をしたところ雨がやんで、

この花見が行われたといわれています。

 

 

 

f:id:tohoku--kansai:20190417133235j:plain

 

この庭園の北側奥に北闕門(ほっけつもん)があり

ここは邪気祓い所なそうで、

その日も神主さんと一緒に

九字真法による邪気祓いを行っている方がいました。

 

さすがにそこを撮影するのは気が引けます。

その作法の動画がありましたので、

気になる方は見てみてください。

吉水神社の邪気祓所の作法(動画)

吉水神社 - Bing video

 

そろそろバスに戻らないといけないので

折り返し駐車場へむかいます。

 

f:id:tohoku--kansai:20190418110708j:plain

 

f:id:tohoku--kansai:20190418110734j:plain

東南院

戻る途中で東南院の桜を観賞しました。

 

そろそろバスの時間もあって駆け足観賞です(;^_^A

 

f:id:tohoku--kansai:20190418111034j:plain

金峰山寺の仁王門

f:id:tohoku--kansai:20190418111104j:plain

金峰山寺蔵王

f:id:tohoku--kansai:20190418111424j:plain


金峰山寺の四本桜は残念ながら咲いていませんでしたが

金峯山寺の御本尊 金剛蔵王大権現が御開帳ということで拝観しました。

金剛蔵王大権現は見上げるほどの大きさで

青い肌で、怒りの形相で赤い髪を逆立てています。

それが3体並んでいるので圧倒されます。

 

むかって左側が『弥勒菩薩』で真ん中が『釈迦如来

右側に『千手観音菩薩』だそうです。

天正20年(1592)の蔵王堂再建以来、

蔵王堂のご本尊として四百数十年にわたり鎮座されている

日本最大の秘仏だそうです。

 

ja.wikipedia.org